1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

簡単にできる顔汗対処法!顔汗に負けず、夏でも化粧崩れを防ぐ方法

顔汗が気になる女性

暑くなってくると、顔汗による化粧崩れにお悩みではありませんか?

朝せっかくキレイにメイクしていても、気がつけばファンデーションはドロドロ、アイラインやマスカラが滲んで目元パンダってことありますよね。

夏のメイクを一日キレイに保つには、顔汗ケアが大事!

そこでここでは、顔汗の原因と対策についてご紹介します。

顔汗ってどうして出るの?

汗が出る理由
汗とは、そもそも上がりすぎた身体の体温を下げる役割のもの。
暑い時や激しい運動をした時などに汗をかくのは、誰にでも起こる生理現象
です。
夏場には寝ている間にペットボトル1本分ほどの汗をかくと言われており、また寒い冬にも気づかぬうちに体温調節の為汗をかいています。

他にも、緊張した時にかく精神的な発汗や、辛いものを食べた時にでる味覚性の発汗などがあり、私達は常に汗をかいています。

でも、これら体温調整の為の汗は、そもそも身体全体から出るもの。それにも関わらず、顔や背中、胸など部分的に汗が出やすくなることがあります。

私達の身体には、汗を出す汗腺がありますが、そのうち実際に働いている汗腺は半分程度。
それに加えて、エアコンのきいた室内で過ごす機会が多かったり、運動不足などで汗をかく習慣がない場合、発汗の必要がないので、さらにはお休みしている汗腺が多くなってしまいます。
お休みしている汗腺は退化してしまうので、一部の汗腺だけから汗が出るようになってしまい、頭や顔といった局所にかく「部分汗」が増えてしまうんです。

つまり、顔汗などの部分汗は、全身で汗をかけないための「代償性」の発汗ってことなんです。

顔汗を防ぐ方法

運動をする習慣がなかったり、エアコンの効いた室内で過ごすことの多い人は、汗をかくことが少ないのでどうしてもお休みしている汗腺が増えてしまいがち。
その為、顔汗が出やすくなってしまいます。

顔汗などの部分汗が気になる方は、意識的に汗を出す習慣を取り入れましょう。
汗をかくことで、全身の血のめぐりもよくなり、また肌のうるおいがアップするなど他にも様々なメリットなありますよ。

汗を出す方法としては

  • 息がきれる程度の運動をする
  • 浴槽に入ってゆっくり入浴する
  • 足浴をする

などがオススメです。

息がきれる程度の運動をする

ジョギングをする女性普段運動の習慣がない場合、急にハードな運動をすると身体に負担がかかってしまいます。
息が少しきれるくらいの早さで、15〜20分程度ウォーキングをするのがおススメです。
慣れてきたら30分程度に時間を伸ばしましょう。
運動の習慣がない方でも、これなら無理なく続けやすく、気持ちのいい汗がかけますよ。

筋トレで思いっきり汗をかくのもオススメです。
筋トレをすると汗が出るだけでなく、筋肉がつきます。
筋肉がつくと基礎代謝が上がりますので、ダイエットにも最適です。

浴槽に入ってゆっくり入浴する

お風呂ハードな運動をしなくても、リラックスしながら気持ちよく汗をかく方法、それがお風呂です。
お風呂に入って汗をかくことで、体の中に溜まっていた不要な水分や老廃物を排出することもできます。

お風呂で汗をかくためには、10分ほどお湯に浸かるようにしましょう。
温度は、熱すぎない40°くらいのお湯が最適。

それ以下の温度では、汗が出にくくなりますし、熱すぎるお湯は体の表面だけがすぐに熱くなるので、汗が出る前にのぼせてしまい長い時間お風呂につかることができません。
10分間つかってじっくり汗をかく程度の温度を設定するようにしましょう。

さらに効率よく身体を温め、汗を出すには水素風呂がオススメ。
水素風呂は短時間入るだけでも、その温熱効果により身体の深部体温をあげてくれます。
長くお風呂に入れない方は、水素風呂で5分ほど入浴するだけでも身体が芯から温まり、汗が出やすくなります

また、高温手足浴もオススメです。脳から遠い足先や手は、汗腺機能が鈍りやすい場所ですが、熱めのお湯に手足をつけることで、温まった血液が全身を巡ると体の深部も温まってくるので、全身の汗トレにもなります。
やり方は簡単。
浴槽に20㎝くらい、42〜43°くらいの熱めのお湯を張ります。そしてひじ下とひざ下だけを10~15分くらい浸すと、熱めのお湯によって交感神経が優位になり、汗腺が刺激されたくさん汗が出ますよ。

足浴をする

足浴お風呂にゆっくり入ると汗が出ることは分かっていても、暑い夏場や忙しい時にはなかなか浴槽に浸かれないってことありませんか?
そんな時には足浴がオススメ。

まず、夏場はエアコンや薄着、冷たい食べ物などで、特に身体の末端部分である足は冷えがちです。
足浴で末端の冷えた血液を温めると、体全体の血液の流れを促進させることもできるので、冷えが気になる方には特にオススメです。

今はホームセンターなどにも足浴用バケツが売っていますし、専用のものでなくてもたらいなどを使ってもOK。
これらに、くるぶしが隠れる程度のお湯を張って10〜15分間くらい足浴をします。
この時温度は40°くらいにしましょう。

この時、30分くらいリタライフで水素生成させてもので足浴すると、より効率よく血液が循環しますので、身体が温まり汗が出やすくなりますよ。

顔汗に悩む方は、汗トレでお休みしている汗腺の働きを活性化させ、一日中化粧崩れ知らずの夏艶肌を手に入れましょうね!

この記事もチェック!!

・顔汗に悩む方の汗トレにもオススメ!水素風呂リタライフはこちらで詳しくチェック!
・水素風呂での足浴の方法は水素風呂リタライフ”部分浴のススメ”でご紹介しています。

Pocket