1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

つら〜い腰痛を水素風呂でケア

  • 一日の仕事が終わる頃になると腰が重くなる
  • 長時間運転すると腰か痛くって…
  • 時々痛む程度だった腰痛が最近では慢性化して常につらい

そんなつら〜い腰痛にお悩みではないですか?

「こんなに痛いなんてもしかしたらどこか病気?」と思って病院に行っても特に原因もなく、整骨院通いをしている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではつら〜い腰痛の原因と痛みを緩和する為の対策についてご紹介します!

腰痛が起こる原因

腰痛になる原因は様々あるのですが、そのうち理由がはっきりしているものは全体の約15%だと言われています。
病院でレントゲンなどをとって診断を受け、理由がはっきりするものというと、圧迫骨折や椎間板ヘルニアなどがありますよね。
その他には細菌感染や臓器や血管の病気も腰痛の原因となることがあります。

残りの85%はレントゲンなどをしても原因の特定が出来ず、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあるんだそうです。

具体的な原因としては、

  • 長時間同じ姿勢でいること
  • 運動不足
  • 肥満
  • 冷え症
  • ストレスや不安
  • 不眠

などが考えられます。

筋肉は同じ姿勢を長時間続けたり、逆に急激に引っ張られるなど無理な力が加わったりすると、損傷から守る為に反射的に収縮します。
いわゆる伸張反射と呼ばれるものなのですが、この収縮によって、筋肉断裂などの損傷から身を守っているんです。

つまり筋肉が硬くなるのは、「筋肉を守る仕組み」ってこと。

筋肉は収縮して硬くなっても徐々に戻るのですが、負荷が長期間にわたる場合や、負荷が大きい場合は筋肉が硬くなったままになりやすくなります。

そして腰痛として、私達は悩まされるようになるんです。

腰痛を緩和する為に

腰痛を予防、緩和する為には、凝り固まった腰回りの筋肉を柔らかくすることが大切です。

ストレッチ

ストレッチとは一言で言うと、「伸ばす」ということ。
同じ姿勢を続けるデスクワークや立ち仕事の方、車の運転を長時間する方などは特に筋肉が硬くなっているので、ストレッチを行うことによって硬くなった筋肉を伸ばすことをオススメします。

ストレッチによって筋肉を伸ばすと血管にポンプのような働きが加わるので、血液の循環がよくなったり、自律神経の副交感神経が刺激される事によりリラックス効果を得ることができます。

このように、ストレッチには筋肉をほぐす他にも血行促進・疲労の除去・リラックス効果などが期待できるので、腰痛予防や 腰痛改善にいいと言われているんです。

冷やさない

冷えは万病の元っていいますよね。
身体が冷えていると血行が悪くなり、疲れやコリが生じやすくなりますので、腰痛も悪化しがち。
手先や足先がいつも冷たい人や、体温が低めの人は冷えに要注意です。

重ね着をする、暖かい食べものや飲み物を意識的にいただく、シャワーでなくお風呂に毎日つかるなど身体を芯から温める習慣を行いましょう。

ぬるめのお風呂に入る

疲れや筋肉のコリは翌日に持ち越さず、今日のうちに解消するようにしましょう。
血液の循環を良くし疲労物質を流し去るには、ぬるめのお風呂に入ることがオススメです。

身体が冷えている時には熱めのお湯に浸かりたくなると思いますが、身体の芯からじっくりと温める為には、ぬるめのお湯に首までゆっくり浸かる「全身浴」が基本です。
お風呂に入り身体が芯から温まると、皮膚の毛細血管が広がって血流が良くなり、体内の老廃物や疲労物質が除去され、筋肉のコリがほぐれていきますよ。
お湯の温度は熱すぎない38~40℃くらいにしましょう。

そして、身体の深部体温を効率よくあげるには水素風呂がオススメ。
ぬるめのお湯であっても、身体の芯からポカポカ温まリます。
また、オーバーワークやストレスによって体内に活性酸素が大量に発生してしまうと、活性酸素が細胞や筋肉を攻撃してしまい、コリや疲労に繋がってしまいます。
水素は活性酸素(2・OH)と結びつくことで無害な水(2H2O)になるという原理を利用し、活性酸素を除去してくれるので、体温を上げるだけじゃなく、活性酸素のケアにもオススメなんですよ。

多くの現代人が抱えるお悩み、腰痛。
筋肉の緊張をほぐして、腰痛と向き合っていきましょうね!

この記事もチェック!!

・「疲れの原因は活性酸素!?水素風呂で明日に疲れを残さない!」こちらも記事もオススメです。
・どうして水素は活性酸素を除去してくれるの?詳しくはこちらの記事「水素は活性酸素を除去してくれる優秀物質」をご覧ください。

Pocket