1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

活性酸素が健康や美容に与える影響とは

病気や老化などの原因となってしまう”活性酸素”
「なんて厄介者なのかしら」と思っちゃいますが、活性酸素はもともとは私たちにとってなくてなならない”酸素”。
この酸素を呼吸によって体内に取り入れることで血液中に酸素を取り込んでいるのですが、この時に酸素の約2%が活性酸素になってしまうんです。

では、この活性酸素は美容や健康にどんな影響を与えてしまうんでしょうか?

活性酸素はこうして発生する!

活性酸素とは、“活性”な”酸素”という言葉のとおり、酸化力が強くなった物質。
そして、この活性酸素には

  • スーパーオキシドアニオンラジカル
  • 過酸化水素
  • ヒドロキシラジカル

など、いくつかの種類があります。

スーパーオキシドアニオンラジカル(スーパーオキシド)

まず、呼吸することによって肺から取り込んだ酸素が血液によって体中に送られ消費されるのですが、この時酸素の約2%が活性酸素になってしまいます。

そして活性酸素は1〜3の全てが一気に発生するのではなく、まず最初に①スーパーオキシドが生成されます。
このスーパーオキシドは3大栄養素(炭水化物,タンパク質,脂質)をエネルギーに変える時に発生する、なくてはならないもの。いわゆる「善玉活性酸素」です。
スーパーオキシドはSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という活性酸素を分解する酵素で分解され,②過酸化水素になり,水や酸素になって排出されます。

このスーパーオキシドは大量に発生してしまうので、 SODで分解しきれなくなると、体に悪影響をもたらす毒性の強い活性酸素に変化してしまう元になってしまうんです。

過酸化水素

過酸化水素はスーパーオキシドがSODによって分解される時に発生しますが、過酸化水素自体は殺菌消毒の働きのある善玉活性酸素
怪我をした時にオキシドールを使って消毒すると思いますが、オキシドールは過酸化水素3%溶液であり、活性酸素の力で殺菌消毒を行っているんです。
そしてこの過酸化水素も酵素の働きによって分解されますが処理しきれなくなると、毒性の強い活性酸素(ヒドロキシラジカル)に変化してしまうんです。

ヒドロキシラジカル

ヒドロキシラジカル、これが厄介な悪玉活性酸素と言われるもの。
毒性がとても強く細胞をサビさせることで、病気や老化の原因となってしまうんです。

加齢によって酵素の働きが弱まると、活性酸素が増えて老化が進むと言いますが、こういうことだったんですね。

活性酸素が健康や美容に与える影響とは

ここで問題になるのが悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカル。
この悪玉活性酸素はとても反応性が高いので、細菌やウィルスだけでなく、私たちの細胞までも攻撃してしまいます。
活性酸素の量が少なければ問題がないのですが、ストレスや紫外線、激しい運動などによって活性酸素が大量に発生してしまうと、体のあらゆる部分に影響を及ぼすようになります。

といのも、酸素は血液で全身に運ばれますので、この活性酸素も血液を通って全身を巡ります。
そして、あらゆる器官を酸化させ、細胞や細胞中のDNAまでも損傷させてしまい、病気を引き起こしてしまうんです。
今、活性酸素が原因の病気は全体の約9割だと言われています。
DNAが損傷することで癌や様々な病気の引き金となり、アレルギー反応を起こすことで花粉症・アトピーなどになり、血液中の脂質と反応することで過酸化脂質を作って血栓や動脈硬化などの原因になったりと、あらゆる病気の原因になってしまうんです。

また、美容の面でも様々な影響を受けます。
活性酸素が大量に発生してしまうと、細胞膜の酸化やDNAの損傷によって、細胞の機能が低下してしまいます。
そうすると肌のバリア機能が低下し乾燥や敏感肌の原因となったり、コラーゲンを破壊して深いシワやタルミを生じさせたり、メラニン色素が過剰生成されることでくすみ・シミなど様々なエイジングの原因となってしまうんです。

つまり、病気の予防やエイジングケアの為には、活性酸素を減らす生活習慣が大事になるんです。

Pocket