1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

活性酸素がシワやたるみなどエイジングの元になると言われる理由

目元のシワやたるみ、ぼやけたフェイスライン…。
「ちょっと老けたかも」と鏡を見る度にため息が出ませんか?

こんな“老け”のサインは、身体の酸化(サビ)が原因
この酸化を防ぎ若々しくいる為には、サビの原因である活性酸素を除去する“抗酸化”習慣が大事になるんです。

そこで、ここでは活性酸素がシワやたるみを招く原因とサビを防ぐ抗酸化習慣についてご紹介します!

活性酸素がシワやたるみなどエイジングの元になると言われる理由

昔はあったはずのハリやツヤが失われてしまったり、無かったはずのシワが出来てしまってるのを見つけると焦りますよね。
誰にでも起こる老化現象とは思うけど、久しぶりに会った同級生が以前と変わらなく若々しいのを見ると、「あの子はどうして?」と思ってしまいます。

その理由の一つは、何といっても活性酸素。
金属が茶色に錆びるのと同じように、私達の身体をサビさせてしまう怖い物資なんです。
つまり老けは、どれだけ活性酸素が発生しているかというのが大きな要因となります。
活性酸素が増えるような生活をしている人は老けやすくなり、活性酸素を増やさない生活をしている人は老けにくくなっているんです。

では、どうして活性酸素が増えると肌にハリがなくなって、老け見えしてしまうんでしょうか?

紫外線を浴び活性酸素が発生すると、表皮でメラニン色素を作り出すことで肌の色が黒くなったりシミが出来たりするのですが、表皮の下にある真皮層にも大きなダメージを及ぼします。

真皮層は皮膚の土台ともいえる、肌のハリや弾力を保つ大事な部分。
ここにはコラーゲン繊維とエラスチン繊維が網の目のようにはりめぐらされています。

このコラーゲンとエラスチンはベッドに例えられることが多いのですが、コラーゲンはマットレスであり、その中にあるスプリング(バネ)がエラスチンです。
お肌を指で押すとお肌はへこみますが、すぐに元に戻りますよね。
これは、コラーゲンが肌の張力(伸びる力)、エラスチンが弾力(押し戻す力)の役割を果たしているから。
しかし、紫外線を浴び真皮に活性酸素が大量に発生すると、細胞を傷つけお肌がハリを保つために必要なコラーゲンとエラスチンの構造を崩してしまうので、肌のハリや弾力を失ってしまうんです。

「でも若い時の方が紫外線をいっぱい浴びてた気がするのに、肌にハリがないなんて思わなかったけど・・・」と思いますよね。
若いうちはこの傷ついたコラーゲンもすぐに修復されるのですが、歳をとると修復がおいつかなくなり、構造を崩したままになってしまいます。
そして、ハリや弾力を失ったお肌は、シワやたるみなどが増えていくんです。

活性酸素をケアして、シワやたるみを防ごう


このように、活性酸素はコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、シワやたるみなど肌の老化を加速させます。

若い時は抗酸化酵素の働きによって酸化(サビ)を自ら防いでいますので、多少紫外線を浴びてもあまり影響を感じないと思いますが、年齢を重ねると抗酸化酵素は減っていきますので、酸化を防ぐ力が減少してしまうんです。

では、どうすればお肌の酸化を防ぎ、肌の弾力やハリを維持することができるんでしょうか?

まずは、活性酸素を作らせないこと。
365日どんな時でも紫外線対策を忘れずに行うようにしましょう。
抗酸化作用のある食物を摂ることで、肌を守る力を増やす習慣も大事になります。

また、活性酸素を除去してくれる水素習慣もオススメです。
「水素が体内の活性酸素と結びつくことで無害な水となる」という性質を生かして、肌内部で発生した活性酸素を除去してくれます。

水素を毎日のお手入れに取り入れ活性酸素を除去することで、コラーゲンやエラスチンの酸化・硬化を防ぎ、弾力のある肌を守ることでシワやたるみを予防してくれますよ。
ぜひ、毎日のスキンケアに水素のキレイ習慣追加してみてくださいね。

Pocket