1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

ストレスがココロとカラダに与える影響

忙しすぎる毎日、人間関係、環境の変化…
ストレス溜まっていませんか?

適度なストレスは頑張る原動力となり良い影響を与えてくれますが、ストレスが蓄積していくとココロにもカラダにも悪い影響を及ぼすようになるんです。

そこでここでは、ストレスがココロとカラダに与える影響についてご紹介します!

ストレスって何?

ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のこと。
私達の身の回りには人間関係や悩みなどのココロの問題、病気や睡眠不足などの身体の問題、天気や騒音などの環境的要因など様々な外部刺激があります。

例えば夜道を歩いていて、後ろから誰かにつけられているとしたらどうでしょう。
心臓はバクバク、呼吸は荒くなり、緊張が高まりますよね。
このような反応は、体が緊急事態を自動的に察知し、いつでも戦いや逃げる事に対して身体を動かすのに都合がいいようにしているという人間の防御反応。つまり生きていく上で、ストレスは必要なものなんです。

また、ストレスってネガティブなイメージが強いのですが、出産や進学、就職などのハッピーなことも刺激となり、ストレスの原因になるんです。

このように、生きている以上ストレスは切っても切れない関係。
だから、ストレスとうまくつきあうことは、健康で充実した生活を送る上でとっても大事になるんです。

ストレスがココロやカラダに与える影響

特に女性はストレスの影響を受けやすいと言われています。それは、ストレスによってホルモンバランスを崩しやすいから。
ホルモンバランスが崩れると自立神経のバランスが崩れ、カラダやココロに悪い影響を与えるようになるんです。

ストレスによって生じる病気には、うつ病や急性胃腸炎などがあります。
それ以外にも、初期症状として、身体的、精神的に様々な症状が起こります。

身体的症状としては、頭痛や吐き気など。
ストレスによって脳が緊張状態になると、血管を収縮させることで血液の流れが滞り、必要な栄養などが脳に運ばれなくなるので、頭痛が起こりやすくなります。
また、胃の働きは自律神経と密接な関係があります。ストレスを感じると交感神経が優位になり続けるので、自律神経のバランスが崩れてしまいます。そうすると胃の消化活動がスムーズに行われなくなる場合があるので、胃炎や胃もたれなどを招いてしまうことがあるんです。
また、ストレスは精神的にも影響を与えます。
ストレスによって自律神経が乱れると、イライラする、疲れやすくなる、集中力が低下する、眠れないなどが起こるようになります。
そして、これらが慢性化し悪化することで、うつ病などに繋がっていくんです。

ストレスをケアする為に…

では、ストレスを感じてイライラしている時って、身体の中でどんなことが起こってるんでしょうか?

人はストレスを感じると一時的に血液の流れが悪くなります。
そして、この流れが元に戻る時に、活性酸素が発生するんです。

一時的なストレスであれば、身体に備わった抗酸化酵素によって活性酸素はケアされるのですが、ストレスが大き過ぎたり、このストレスが慢性化することで、活性酸素が増え酸化がすすんでしまい、病気や老化の原因となります。
また、自律神経のバランスが崩れることで、体調不良となったり、眠れなくなるので、さらに体内に活性酸素が発生してしまうという負のスパイラルに陥ってしまうんです。

この記事もチェック!!

活性酸素が発生する原因はストレス以外にも…「活性酸素が大量に発生してしまう理由って何?」をご覧ください。

とはいっても、ストレスは生きている以上、やむを得ないですよね。
だからこそ。ストレスと上手く付き合い、適切に対処することが大事になります。
こうしたストレスに対処する行動を「ストレスコーピング」と言い、適切に対処することでストレスは限りなく減らすことができるんです。

ストレスを減らすにはしっかりと心身を休ませ、生活習慣をととのえることが大事。
そこには毎日の「睡眠」「食事」「運動」が欠かせません。

バランスのいい食事を心がけながら、ストレスによって増えてしまう活性酸素を除去してくれる抗酸化の働きのあるビタミンC、ビタミンEなどをしっかり摂取しましょう。
これらは野菜や果物に多く含まれているので、毎日の食卓には色とりどりの野菜を並べるといいですね。

また何より大事になるのが睡眠です。
というのも、生じてしまった疲労を回復できる唯一のチャンスは睡眠しかありません。
日中、人は多くの時間緊張状態にあり、交感神経が活発になっています。つまり、活性酸素が常に発生しており、活性酸素により細胞は酸化=損傷しています。

逆に眠っている間は日中のさまざまな緊張感から解放され、自律神経機能が活発になることはなく、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、細胞は修復されます。

ストレスを感じていると考えすぎて眠れないことなどあるかもしれませんが、ストレスがある時ほど、睡眠は大事にしないといけないんです。

そこでおススメなのが、水素風呂
良い睡眠のために大事になるのが、”夜間に副交感神経の活動を優位にする”ということ。
夜に副交感神経が優位になることで、寝付きが良くなりぐっすりと眠ることができます。
そして、人は体温が下がる時に眠気を感じます。
入浴することによって一度体の深部体温を上げ、入浴後1時間半〜2時間ほど立ち深部体温が下がる頃に就寝するという習慣をつけると質の良い眠りへと繋がります。
水素風呂は温熱作用により、短時間の入浴でも身体の深部体温を上げることができるので、忙しい毎日のお風呂タイムにおススメなんです。

「水素(H2)と酸素(O)が結びつくことで水(H2O)になる」
水素はこの原理を利用して活性酸素を除去してくれる優秀物質。
ストレスが慢性化することで、体内に増えてしまった活性酸素をお風呂に入るだけで、水に変え除去してくれるんです。

このように、水素風呂は活性酸素のケアにも質の良い睡眠の為にも最適なんですよ。

「最近、ストレスが溜まっちゃって…」って方は是非試してみてくださいね。

この記事もチェック!!

・水素風呂は活性酸素のケアにも質のいい睡眠にもオススメ!「水素は活性酸素を除去してくれる優秀物質」 「睡眠こそが一番の美容法ってホント?」もご覧ください。

Pocket