1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

ほうれい線の原因と年代別のケア

エイジングのサインとして、シミやシワ、くすみなどいろんなものがありますが、一気に老けて見えるものってなんだと思いますか?
老けを倍増させてしまい、しかもメイクでカバーしにくいものの代表格が「ほうれい線」
若い女性の写真に、ほうれい線を書き加えると一気におばあちゃんに見えてしまうほど、疲れて老けた印象になってしまうんです。

そこで、ほうれい線の原因と年代別のケアについてご紹介します!

ほうれい線の原因

お肌の曲がり角を超える30代くらいから気になりだすほうれい線。
八の字に刻まれ、加齢とともにどんどん深くなってしまいます。

ほうれい線の一番の原因は真皮の機能の衰え。
乾燥や紫外線、加齢によって真皮のコラーゲンやエラスチンなどが減少すると、肌のハリや弾力を失ってしまいます。
その結果、重力に負け肌のたるみとなり、ほうれい線となってしまうんです。

ほうれい線は、加齢の他にもお肌の乾燥やストレス、表情グセなどによっても深くなってしまいます。

ほうれい線年代別のケア

ほうれい線はエイジングのサインなのですが、骨格や生活習慣によってもできてしまうので、20代でも気になる場合があります。

20代のほうれい線のケア

まだ若い20代でほうれい線ができてしまうのには、理由があります。
まず一番の原因は「骨格」
口が少し出ているような骨格の場合は特に、ほうれい線となる部分がくぼんで見えてしまいます。
このタイプは化粧品等でのケアが難しいので、美容外科等で相談しましょう。
また、肌の乾燥もほうれい線の原因となります
20代でも乾燥肌の方は特に注意が必要です。
よく動く目の周りや口元はどうしても乾燥しやすいのですが、乾燥すると真皮でハリや弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンが不足してしまいます
そうすると、口元にシワが出やすくなり、ケアをしないとそのままほうれい線になってしまうんです。
20代のほうれい線ケアで重要なのは、何と言っても乾燥対策
皮脂が気になるからって、洗いすぎていませんか?
洗顔のしすぎは肌に必要な潤いまでを奪ってしまい、乾燥の原因となってしまいます。
潤いを奪いすぎないクレンジングを使うようにしましょう。
また、化粧水だけをつけて、乳液や保湿クリームを省いていませんか?
肌に水分を補給した後には、乳液や保湿クリームの油分で蓋をし、水分の蒸発を防ぐことが重要です。
乾燥を防ぐためのスキンケアを重視しましょう。

30代のほうれい線のケア

お肌の曲がり角を過ぎる30代になると、ほうれい線が気になりやすくなってきます。
30歳をピークに少しづつ減少していく、コラーゲンやエラスチン。
これらが、ほうれい線の原因であるたるみを進行させてしまいます

ただ、まだまだほうれい線が目立つのは鼻の横のあたりまでで、口元まで長く深く刻まれたものではないと思います。
まだ30代半ばまでは、自身でコラーゲンを作り出す力がありますので、乾燥のケアと紫外線ケアをしっかりすることでほうれい線のケアをすることができますよ。

30代半ばを超えると、コラーゲンやエラスチンの減少が加速してしまいますので、コラーゲンの生成を促すようなエイジングケア化粧品を使うことをオススメします。

40代のほうれい線のケア

40代になると、様々なお肌の機能が低下するのでほうれい線が深く、長くなりがち。
また、真皮の衰えの他にも表情筋の衰えに伴って、どうしてもほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

お肌のコラーゲンやエラスチンの生成を促すエイジングケア化粧品を利用することをオススメします。
また、表情筋を鍛えるマッサージやエクセサイズもオススメ。

口を閉じて、頬を凹ませたり膨らませたりを繰り返すエクセサイズや口を「あいうえお」の形に開く「あいうえお体操」は、表情筋を鍛えるために有効と言われていますので、毎日少しづつ実践してみましょう。

50代のほうれい線のケア

たるみやほうれい線が深刻化する50代。
だんだん深くなっていくほうれい線を食い止める手段はあるのでしょうか?
若い頃に無防備に浴び続けた紫外線。
これら積もり積もったダメージが一気に現れてくるのが、 40〜50代です。
50代になるとお肌の再生力も保湿力も衰えてきますので、それらを補うスキンケアの重要性が増します。
お肌が乾燥するとさらに、ほうれい線が深くなってしまいますので、お肌の乾燥対策と年齢肌対策を同時にできるような化粧品選びをしましょう。
また、お肌の老化の8割の原因である紫外線。
浴び続けることで、さらにお肌の老化が進行してしまいますので、しっかりと紫外線対策を行うことが重要になります。

このように、どの年代でも重要になるのが「お肌の乾燥対策」と「コラーゲンやエラスチンの生成を促すエイジングケア」
そこでオススメなのがお肌の潤いアップや、エイジングにつながる活性酸素を除去する働きのある「プラセンタ」配合の化粧品なんです。
お肌のハリや弾力アップに役立ち、みずみずしく透明感のあるプルプル肌に導いてくれますので、ほうれい線の気になる方は是非試してみてくださいね!

Pocket