1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

40代と50代、肌のコンディションって違うの?

徐々に更年期を迎える40代。
更年期真っ只中の50代。
どちらも加齢に伴って、お肌の状態が変わっていくのをひしひしと感じますよね。

30代の頃とは明らかに変わってしまった40代の肌。
さらに10年後、50代の肌って40代と比較してどう変わっていくんでしょうか?

40代、50代のお肌

50代になると、40代と比べてその皮脂量は1/5 に減少すると言われています。
皮脂が減ると肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすくなったり、様々な肌のトラブルの原因になってしまうんです。

また、若い頃に浴び続けた紫外線の影響が現れるのが40代くらいからになりますが、ここでさらに紫外線対策を怠っていると、50代明らかな違いが現れてきます。
紫外線を浴びると肌が黒くなったり、すぐに分かる影響ってありますよね。
でも、その他にも紫外線を浴びることによって、真皮のコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞が傷つけられたり、失われたりしてしまうんです。
そして、これらは後から取り消すことはできず、着実に蓄積されていってしまいます。
そして、加齢と合わさってさらに影響を受けるようになり、ハリや弾力が低下し、40代、50代になると肌にシワやたるみが出てしまうんです。

また、40代を迎えると更年期も近くなり、ホルモンバランスが非常に乱れやすくなってしまいます。
このあたりからコラーゲンが減少していきますので、これまでのケア、またこれからどういうケアを行っていくかで見た目年齢に徐々に差がついくという年代になります。

40代と50代、お肌の違いとケアのポイント

50代を超えると更年期も後半になり、やがて閉経を迎えます。
閉経すると、お肌のハリや弾力などをサポートしていた女性ホルモンの分泌がほとんどなくなって、老化のスピードはさらに早くなってしまいます。
50代の閉経に先駆けて、どれだけ40代のうちにケアをしていたかどうかで、50代は大きく差がついてくるんです。

何もしないと、40代と50代の肌って大きな差がありますが、ケアをすることで老けていく曲線をなだらかにすることができます。
50代で老けないためには、紫外線対策が何より重要です。
下地やファンデーションには、日焼け止めの効果のあるものを使用しましょう。
ポイントは、こまめに塗りなおすということ。
日焼け止めって、SPF30だと理論上は約15〜20×30=450〜600分(約7〜10時間)ほどは日焼けが抑制されるのですが、どうしても汗や皮脂で落ちてしまいます。
だから、こまめに日焼け止めを塗り直したり、化粧直しをするようにしましょう。

またコラーゲンやヒアルロン酸の生産量の低下に伴い、肌のハリや弾力が低下し、また表情筋が衰えることでお肌がたるみやすくなってしまいます。
たるみが気になり始めてきた40代は、表情筋のエクセサイズを行ったり、不足してきたコラーゲンの生成を促すようなサプリメント取るなど行いましょう。

また、年齢に関わらず、質の良い睡眠は活性酸素を除去し、肌の生まれ変わりを助けます。
十分な栄養と睡眠を心がけましょうね。

このように、50代のお肌のコンディションは40代にどういうお手入れを行ってきたかによって、大きく異なってきます。
美しく若々しい50代になる為に、しっかりケアしましょうね!

Pocket