1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

活性酸素が生理痛をひどくしてるってホント?

お腹が痛くなったり、頭が痛くなったりと、いつも通りの生活が出来ずにつら〜い生理。

ただでさえ、漏れが気になったり、お風呂に入りづらかったりと普段通りの生活が出来ないのに、生理痛がひどいと仕事に行くのさえ大変ですよね。

そしてこの生理痛の原因の一つは活性酸素だって知っていましたか?

子宮内膜に発生する活性酸素が、プログラスタンジンという生理痛を引き起こす物資の分泌を増やしてしまうんです。

そこでここでは、生理痛と活性酸素の関係についてまとめていきたいと思います。

生理痛は何故おこる?

生理痛の大きな原因となっているのは子宮内膜で分泌される「プロスタグランジン」というホルモンのような物資。
プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあり、出産時には陣痛を起こしたり、生理の時には不要になった粘膜を血液と共にスムーズに外に押し出すという働きがあるんです。

女性の体にとって必要な物質ではありますが、このときにプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまうと、子宮を不必要に収縮させてしまいます。
また子宮の収縮と同時に血管も収縮しますので、血流が悪くなって、腹痛、腰痛、冷えといった症状も生んでしまう
んです。
元々冷え性の人は元々血流が悪いので、プロスタグランジンの影響でさらに血流が悪くなると生理痛の症状が強くなってしまいますので、冷えを改善することが大事になります。

では、どうしてプロスタグランジンの分泌が過剰になってしまうんでしょうか?
その原因の一つに活性酸素があります。
プロスタグランジンは活性酸素の量が多くなればなるほど、その分泌量が多くなるんだそうです。
つまり、活性酸素の量を減らすことができればプロスタグランジンの分泌量も減少し、結果として生理痛を緩和することができるんです。

生理痛を緩和するには冷えの解消と活性酸素の除去が大事

不快で辛い生理痛。
毎月くることはが分かってはいるものの、”その日”が近づくにつれて憂鬱になっちゃいますよね。
女性として生まれてきた以上、数十年付き合っていかないといけないので、できるだけ痛みを緩和して過ごしたいものです。

ではどうすれば、生理痛を緩和することができるんでしょうか?

自宅でできるセルフケアとしては、”入浴”で身体を温めることをオススメします。
生理中ってあまりお風呂に入りたくない!って人も多いと思いますが、下半身を温めて血行をよくすることで痛みを緩和することができます。
どうしてもバスタブに入りたくない時は、足湯でもOKです。
バケツや桶に、40〜42℃くらいのお湯をくるぶしが完全に浸かるくらいの深さまで張って、15~20分ほど足湯をしましょう。
だんだん下半身がポカポカしてきて、痛みが軽減されると思いますよ。

お風呂や足湯に水素風呂を使うのもオススメです。
”悪玉活性酸素と水素が結びつくことで水になる”
この働きによって水素は「活性酸素」を除去しますので、生理痛の原因であるプロスタグランジンの分泌を抑えることが期待できます。
水素は、水素水や水素風呂、サプリメントなどで体に取り入れることができますが、水素風呂なら身体の内側からポカポカ温まり、深部体温を上げることができるので、とってもオススメなんですよ。

女性に欠かせない生理。
長い期間付き合っていかないといけないからこそ、快適に過ごせるようにしていきましょうね!

Pocket