1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

お肌がくすむ原因とその対処法とは

  • 夕方になると顔色が悪くなる
  • 疲れてない時にも疲れて見られる
  • 最近何だか元気ないねって言われる

いつもと変わらないつもりなのに、顔色が悪く見られることってありませんか?
こういった印象の変化はお肌のくすみが原因かも。

そして顔色が悪いと、年齢よりもぐっと老けて見られるようになるんですよ。
そこでここでは、お肌のくすみとは?その原因と対処法についてご紹介していきたいと思います!

お肌のくすみの原因とは

お肌のくすみとは、肌の透明感や明るさが失われて、暗くくすんで見える状態のこと。
肌がくすむと疲れて見えたり、年齢より上に見られたりしがち。
でも、このくすみを隠そうと、ファンデを厚塗りするとさらなる老け見えの原因になってしまうので注意が必要です。

では、どうしてお肌ってくすんでしまうんでしょうか?

肌にくすみが出る原因には、主に以下の5つが考えられます。

1 角質肥厚

角質肥厚とは、肌表面に古い角質がたまって厚くなっている状態のこと。
通常肌はターンオーバーによっておよそ28日周期で生まれ変わるのですが、お肌のターンオーバーが正しく行なわれなくなると、古い角質がはがれず肌表面に残ってしまうようになります。
そうすると、角質は積み重なることで光の透過性が悪くなるので、灰色にくすんで見えるようになるんです。

2 お肌の乾燥

うるおいのある肌は、肌の最も外側にある「角層」が水分を十分に含んでいる状態。
うるおいがある肌はバリア機能がはたらいているのですが、肌が乾燥しているとバリア機能が低下するので、肌は角質を厚くして弱ったバリア機能を補おうとします。すると角層が厚くなってしまうので、くすんで見えるようになるんです。
また、肌が乾燥し肌のキメが乱れ毛羽立ってしまうと、角質肥厚と同様にグレーっぽく見えるようになり、くすんで見えるようになるんです。

3 血行不良

睡眠不足や体調不良、冷えなどで血液の流れが滞ると、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かなくなります。
そうすると、血液の色が悪くなりお肌の赤みが失われ、顔全体が暗く見える
ようになります。

4 メラニン色素

エイジングの大敵、紫外線もくすみの原因となります。
紫外線を浴びるとお肌を守るために表皮のメラノサイト細胞でメラニン色素がつくられます。
健康なお肌であればターンオーバーによって古い角質とともにメラニンも排出されますが、過剰につくられてしまうとメラニン色素の排出が遅れ、くすみの原因となってしまうんです。

5 糖化

炭水化物などの糖質は人間にとって欠かせない栄養素。
でも過剰に摂取しすぎたり、活性酸素の酸化ストレスにより酸化することで、体内でタンパク質と結びつき、硬くなりカラメルのように焦げ色の褐色がついてしまいます。
これがいわゆる“糖化”(肌のコゲ)です。
そして肌の表皮の糖化は、黄ぐすみにつながります。

肌のくすみの対処法


このように、顔のくすみの原因はさまざま。
だから原因に合ったケアや対策が必要になりますが、基本的にくすみ対策に必要なのは

  • ターンオーバーを整える
  • しっかり保湿する
  • 紫外線対策をする
  • 活性酸素を増やさない生活を心がける
  • 糖化予防を意識する

ということが大事になります。

これらのためには、紫外線対策、食事の見直し、適度な運動、良質な睡眠をとるなどの基本的な生活習慣が何より大事になります。
特に、紫外線を浴びると活性酸素が体内に大量に発生しますが、活性酸素はメラニンを増やし、肌を乾燥させバリア機能を低下させてしまい、お肌のターンオーバーの乱れにも繋がります。
ちょっとそこまで…と短時間であっても、紫外線対策は忘れないようにしましょう。

また、増えてしまった活性酸素を除去する抗酸化も大事
抗酸化物質であるビタミンC、ビタミンE、亜鉛、カロテノイド(βカロテン、リコピン、アスタキサンチン)、ポリフェノール、カテキンなどを積極的に食事に取り入れましょう。

活性酸素を除去するには、水素習慣もオススメ。
”悪玉活性酸素と水素が結びつくことで水になる”
この働きによって、水素は「活性酸素」を除去する
と言われています。
水素風呂や水素水、水素サプリメントなどを利用し活性酸素をケアしましょう。
水素風呂なら入浴によって血行が良くなりますので、血行不良が原因でくすみがちな人にもオススメです。

また、肌のコゲを引き起こす”糖化”にも注意が必要です。
糖化は血液中の糖とタンパク質が結びつくことで起こります。
糖質を摂り過ぎないということや血糖値の急激な上昇を防ぐということが大事になります。
この糖化についても、水素が食い止めてくれる作用があります。
タンパク質や脂質は、酸化している時の方が糖化最終生成物へと変化しやすいと言われています。つまり、水素によって活性酸素を除去し酸化を食い止めることが、糖化防止にもつながるんです。

このように、基本的な生活習慣を大事にし、抗酸化・抗糖化を意識することがくすみのケアには重要になるんです。

Pocket