1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

アロマが心とお肌に与える影響

アロマは癒し、リラックスってイメージがあると思いますが、実際にはどんな効果があるかって知っていますか?

アロマテラピーは、主に花や茎、葉、根などの様々な植物から抽出されるエッセンシャルオイルを使用して行う自然のヒーリング。
リラックス効果があり、心身ともに癒してくれると言われています。

そんなリラックス効果のあるアロマ、実はお肌にも良い影響を与えてくれるって本当なのでしょうか。

アロマが心とお肌に与える影響

アロマテラピーとは、<アロマ=芳香><テラピー=療法>という意味なのですが、アロマオイルの香りの力でリラックスし、心身ともに健康に導くというものです。
睡眠に良い影響があったり、心身には良い働きがあるイメージがありますが、お肌にも良い効果があるのでしょうか?

実はアロマオイルには、保湿効果や抗菌作用のあるものが多く、肌の調子を整えることができると言われています。
また、オイルの種類によっては血流を改善する働き、肌の弾力を回復させる働きがあるものもあります。

ここでは肌にいいと言われるアロマオイルとその効能についてご紹介します。

ラベンダー

アロマの代表とも言える「ラベンダー」。
ラベンダーは、安全性が高く効能の多いオイルです。
抗ストレス作用、鎮静作用、抗菌作用、抗炎症作用、消毒作用などがあり、ストレスや神経の緊張からくる様々な症状に効果があると言われています。

レモングラス

レモングラスは親しみやすいシトラス系の香りで、幅広い効果があると言われています。
虫除けなどにもできるのですが、その他にも抗ストレス作用、鎮静作用、血行促進作用などがあります。

ベルガモット

ベルガモットはオレンジやレモンと同じミカン科の柑橘類。
柑橘系のフレッシュさに甘みをプラスしたような香りです。
抗ストレス作用、抗うつ作用、鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用等があります。
気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれますよ。

Pocket