1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

水素風呂で紫外線対策ができるの?

紫外線はお肌の大敵!
「そんなこと分かってはいるけど、紫外線の強い夏場以外は紫外線を浴びてる実感ないからあまり紫外線対策ってしていなくって・・・」
っていう方意外と多くないですか?

確かに、ジリジリと日差しが降り注ぐ7、8月になると一生懸命に日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたりしていても、他の季節は紫外線のことってすっかり忘れてしまって、殆ど対策をしていないって人も多いんじゃないかと思います。

でも、冬でも紫外線は降り注いでいるので、紫外線対策は1年中必須!
美容の為にも、健康の為にも、365日紫外線対策を怠ってはいけないんです。

紫外線対策ってどうして1年中必要なの?

紫外線は波長によって3種類(UVA・UVB・UVC)が存在するのですが、そのうちお肌に影響を与えるのはUVAとUVB。

UVAは紫外線のうち約9割を占めるのですが、波長が長いのでお肌の表皮を突き抜けて真皮まで侵入しコラーゲンを破壊してしまいます。
日常生活で知らず知らず浴び続けてしまうので「生活紫外線」とも呼ばれ、シワやたるみなど様々なエイジングの元になってしまいます。

UVBは波長が短くお肌の表皮に留まるのですが、肌への作用が強く、浴びると火傷したように肌が赤くなったり炎症を起こしてしまいます。
夏のレジャーシーンで影響を受けることが多いため、「レジャー紫外線」とも言われています。
夏に日焼けして肌がヒリヒリして真っ赤になったり、皮がむけてしまったりというのはUVBによる影響なんですね。
UVBはメラニン色素を増加させてシミやソバカスの原因をつくると言われています。

このUVAとUVBは、3〜4月頃から徐々に増え始めて、5月・6月・7月・8月の4ヶ月間が一番多くなります。

じゃあ冬は大丈夫なんじゃないの?と思うかもしれませんが、冬は紫外線は弱まるものの気温の低下や空気の乾燥に伴って、肌は乾燥しやすくなり、お肌のバリア機能が低下しがちになります。
肌のバリア機能が低下すると紫外線の影響を強く受けるようになりますので、注意は禁物。冬は保湿をしっかり行うということと、紫外線対策を忘れないということが大事になるんです。

紫外線がお肌に与える影響

肌の老化の原因の80%は「光老化」だって知っていましたか?
「光老化」とは、紫外線を長年浴び続けたことによってひき起こされる肌のしみ、しわ、たるみなどのお肌の老化のこと。

年ととるとシワやシミ、イボやたるみなどが顔に多くなりますが、おばあちゃんでも紫外線の当たらないお腹や内ももなどはシミなどがなくキレイだと思いませんか?
つまり、それだけ紫外線が肌に与える影響は大きいということなんです。
だから「年齢のせいだから・・・」と諦めずに、1年中紫外線対策をして、肌を守ってあげることが大事になるんです。

では紫外線はお肌にどのような影響を与えるんでしょうか?

紫外線を浴びると、お肌はそのダメージから体を守るために大量の活性酸素が発生してしまいます。
活性酸素が大量に発生すると、表皮の奥にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出し、紫外線を吸収することによって真皮への影響を軽減させようとします。
これが日焼けのワケ。
基本的には日焼けをしてもターンオーバーによってメラニンは剥がれ落ちてしまうのでまた元の肌色に戻るのですが、加齢とともにターンオーバーがうまくいかなくなったり、メラニン色素の量が増えすぎたりすることで、メラニンが排出されなくなってシミとなってしまうんです。

また、肌への影響は真皮にも現れます。
真皮は、肌の土台であり肌のハリや弾力を保つ大事な部分。
ここにはコラーゲンやエラスチン繊維などが張り巡らされているのですが、紫外線によって肌細胞が酸化すると、コラーゲンやエラスチン繊維が壊れてしまいます。
その結果、シワやたるみ、ハリのなさなど様々なエイジングが現れるようになってしまう
んです。

紫外線対策に水素習慣を取り入れよう

お肌の老化を防ぐためには、紫外線対策が何より大事になります。
紫外線は冬でも、雨の日にも、家の中にいても影響を受けてしまうので、1年中紫外線対策が必要なんです。

紫外線対策の基本である”日焼け止め”をしっかり毎日塗って、外出する時には帽子やサングラス、日傘などを使って紫外線をシャットアウトしましょう。

また、体の内側から紫外線対策をするサプリメントも今人気があります。
”日焼け止めサプリ”は物理的に紫外線をカットする日焼け止めクリームとは違い、体の内側から活性酸素や紫外線の吸収をブロックするという考え方のもの。
汗かきの方や、敏感肌で日焼け止めが塗れないという方にはオススメです。

同じように、紫外線を浴びた後に大量に発生してしまった活性酸素を除去することができると話題なのが”水素”
「水素が体内の活性酸素と結びつくことで無害な水となる」という性質を生かして、紫外線を浴びて肌内部に大量に発生してしまった活性酸素を除去してくれるんです。

うっかり日焼け止めを塗り忘れちゃったという日でも、今日は長時間外で過ごしてしまったっていう日でも、活性酸素のケアをすることで、紫外線の影響を緩和することができるんですよ。

是非、紫外線対策に水素習慣を取り入れてみてくださいね。

Pocket