1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ1日たった7分間お風呂に入るだけのキレイ習慣”水素風呂”ならリタライフ

寝ないと太るってホント?睡眠とダイエットの深い関係とは

仕事が忙しかったり、夜遅くまでテレビや動画を見ていて、今日もまた睡眠不足…ってことありますよね。
睡眠不足はお肌や健康にも悪影響を及ぼしますが、それだけでなく太りやすい体を作ってしまうって知っていましたか?

その秘密は成長ホルモン

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、ダイエットにも大きな影響を与えているんです。

そこで、ここでは睡眠とダイエットの深〜い関係についてまとめていきたいと思います。

寝ないと太るはホント?

夜更かしをしているとカロリーを消費している気がして、痩せていくイメージがあるかもしれませんが、睡眠時間を削れば削るほどに太りやすい身体へと近づいていきます。

いつまでも起きているとダラダラと食べてしまったり、小腹が空いて夜中に間食をしちゃったりということもありますが、寝ないと太るという最大の原因は成長ホルモンです。

成長ホルモンって、成長期に背を伸ばす為のホルモンじゃないの?と思うかもしれませんが、成長ホルモンは子供からお年寄りまで、あらゆる年齢に必要なホルモン。
傷ついた細胞を修復したり、免疫力を維持したり、睡眠中に体の脂肪を消費するという役割があるんです。

ハードワークで睡眠不足が続いた後に風邪を引きやすくなってしまうのも、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が減ってしまったってこと。
それだけ、睡眠中に分泌される成長ホルモンは健康のためにも美容の為にも、重要ってことなんです。
さらに、成長ホルモンは睡眠中に体の脂肪をエネルギー源として消費・分解してくれるので、睡眠の質を上げ、しっかり寝ることで痩せ体質に近づくことができるんです。

また、睡眠不足になると、食欲を抑えるホルモンである「レプチン」、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンの分泌にも影響を及ぼすので、寝ないことで太りやすい身体になってしまうんです。

睡眠の質を高めて、痩せ体質を手に入れる!

睡眠中に分泌される成長ホルモンには夜間の脂肪分解を促進するという働きがありますので、睡眠不足により分泌量が減少すると、夜間の脂肪分解が抑えられて太りやすくなってしまいます。

つまり、太りにくい身体作りの為には、睡眠の質を高めることが大事!
寝始めてから最初の3時間で一番深い『ノンレム睡眠』が来るのですが、この3時間で多くの成長ホルモンが分泌されると言われています。
睡眠前に副交感神経優位のリラックス状態になっていないと、寝付きにくく、眠りの質が浅くなってしまいますので、生活のリズムを整え、質のいい睡眠をとるようにしましょう。

  • 毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる
  • 寝る前にテレビやスマホを見ない
  • 夕食は2時間前までに済ませる

ということを心掛け、質の良い睡眠を心がけましょう。

また、質の高い睡眠のためには、お風呂は欠かせません。
忙しいとシャワーで済ませてしまいがちですが、浴槽に浸かることを習慣にしましょう。
脳は体温が下がる時に眠気を感じますので、入浴によってしっかりと身体の深部体温を上げ入浴後1時間半ほど立ち深部体温が下がる頃に就寝するという習慣をつけると質の良い眠りへと繋がります。

そこでオススメなのが水素風呂 リタライフ
水素風呂は温熱作用により、短時間の入浴でも身体の深部体温を上げることができるので、忙しい毎日のお風呂タイムにおススメなんです。
その温熱作用は入浴後8時間も体温の上昇が持続するほど。
短時間でもポカポカが持続するので質のいい睡眠につながり、また水素を摂取することでエネルギー代謝が高まるという研究結果も発表されているんです。

なかなかダイエットがうまくいかないっていう方は、ぜひ睡眠を見直してみてくださいね。

Pocket