キレイlife club-5歳を目指すオトナ女子のキレイ♡を作るアイテムを徹底レビューします!キレイlife club-5歳を目指すオトナ女子のキレイ♡を作るアイテムを徹底レビューします!

ツヤ肌はクレンジングで作る!おすすめクレンジングランキング

「クレンジングを制するものは、お肌を制する」
そのくらい、美肌作りにとってクレンジングは欠かせないアイテムって知っていましたか?

でも案外クレンジングって「メイクが落ちればいいや」って何となく選んでいる方も多いように思います。

その後につける化粧水や美容液などのスキンケアの働きを100%に高める為には、メイクや皮脂などの汚れをしっかりオフし、お肌の土台を作ることが大事。

メイクや汚れはしっかり落とすけど、お肌にとって大事な潤いは落としたくない。
そんなワガママを叶えてくれる口コミで人気の優秀クレンジングをランキング方式でご紹介します!

おすすめクレンジングランキング

京都の舞妓さんも「よく落ちる!」と大絶賛のクレンジング!バランローズ ムルムルクレンジングバター

満足度
★★★★★
メイク落ち
★★★★★
コスパ
★★★★
肌への優しさ
★★★★★
簡単
★★★★★

メイク落としに苦労している京都の舞妓さんが絶賛しているのが「バランローズ ムルムルクレンジングバター」
固形状クレンジングバームが体温でとろけオイル状に変化し、擦ることなくメイクをすっきり落とします。
人気の理由は、メイク落ちがいいのに高い保湿力で乾燥知らずなところ。
37種類もの美容成分が贅沢に配合されている為、オイルクレンジングなのに乾燥をおさえてしっとり感を生み出してくれんです。
W洗顔不要、5つの無添加、ウォータープルーフタイプのメイクも落ちると、機能性と肌への優しさを兼ね備えています。

通常価格 1,800円
特別価格 ・3個 5,400円(送料無料)
・4個+1個プレゼント 7,200円(送料無料)※1個あたり1,440円
内容量 80g
その他特徴 ・W洗顔・・・不要
・ウォータープルーフタイプのメイク・・・落ちる
・マツエク・・・NG
・1個の場合、送料756円

くすみの原因「肌ステイン」をクレンジングで洗い流せるアテニア スキンクリア クレンズ オイル

満足度
★★★★★
メイク落ち
★★★★
コスパ
★★★★★
肌への優しさ
★★★★
簡単
★★★★★

大人の肌をくすませる原因である「肌ステイン」を除去し、明るい陶器のような肌に導いてくれる「アテニア スキンクリア クレンズ オイル」
ウォーターキャッチオイル処方でメイクをしっかり浮き上げるから、わずか10秒で素早く落ちにくいメイクもしっかりオフ。
マツエクOK、濡れた手OK、ダブル洗顔不要とメイク落としに悩む女性にぴったりのクレンジングオイルです。
また、リラクシングアロマが汚れと共に緊張やストレスから心を解放してくれます。

通常価格 1,836円(税込)
特別価格 ・SNSでシェアすると300円OFF
ドレスリフトローション(14日分)30mlプレゼント
・メルマガ登録すると<ハンドクリーム30gか、肌疲労ケアシートマスク1包>の何れかをプレゼント!
内容量 175ml/2ヶ月分
その他特徴 ・W洗顔・・・不要
・ウォータープルーフタイプのメイク・・・落ちる
・マツエク・・・OK
送料無料

こんにゃくスクラブで毛穴スッキリリ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

満足度
★★★★
メイク落ち
★★★★
コスパ
★★★★★
肌への優しさ
★★★★
簡単
★★★★

Re dermalab(リ・ダーマラボ) モイストゲルクレンジングは、美容皮膚科医も認めた毛穴専門クレンジングです。
こんにゃく由来のぷるっぷるのスクラブで毛穴汚れやメラニンを含む古い角質をスッキリ!
さらに美容液成分99.3%と保湿成分のみでクレンジングを可能にしたことで、失われがちなバリア機能を補いながら優しく洗いあげ、クレンジング後も肌の潤いをキープします。
つるつる&しっとりの洗い上がりです。
W洗顔不要、濡れた手でもOK、マツエクにもOKのクレンジングです。

通常価格 2,848円(税抜)
特別価格 もう1本プレゼント
※1本分・2,848円(税抜)の価格で2本ゲット
内容量 150g/約2ヶ月分
その他特徴 ・W洗顔・・・不要
・ウォータープルーフタイプのメイク・・・落ちない
・マツエク・・・OK
送料無料
全額返金保証

肌に負担をかけずにしっかり汚れを落とすファンケル マイルドクレンジングオイル

満足度
★★★★
メイク落ち
★★★★
コスパ
★★★★★
肌への優しさ
★★★
簡単
★★★★

アットコスメや各種コスメランキングのクレンジング部門で、常に上位にランクインしている大人気商品の「ファンケル マイルドクレンジングオイル」
ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクも、なでるだけで一瞬でするんとオフ!
洗浄力の高いクレンジングや洗顔にありがちな潤いまで奪ってしまうということもなく、潤いを残して乾燥知らず濡れた手でもOK、マツエクにもOKのクレンジングオイルです。

通常価格 1,050円(税込)
特別価格 500円
内容量 60ml/約30回分トライアルボトル
その他特徴 ・W洗顔・・・必要
・ウォータープルーフタイプのメイク・・・落ちる
・マツエク・・・OK
・通販初めて送料無料

美容皮膚科医とエステティシャン共同開発の毛穴ケアドクターコスメフルリクリアゲルクレンズ

満足度
★★★★
メイク落ち
★★★★
コスパ
★★★★★
肌への優しさ
★★★★
簡単
★★★★

「毛穴ケアならコレ!」
それくらい毛穴に悩む方にはオススメのクレンジングです。
というのも、フルリクリアゲルクレンズは化粧品としては数少ない医学専門誌に掲載されたクレンジングで、毛穴汚れ・皮脂除去の検証結果が掲載されています。
毛穴のトラブルを解消する作用が期待できると注目の成分「アーチチョーク葉エキス」、お肌に透明感を与える「APPS・α-アルブチン」、皮膚のバリア機能をサポートする「ユズセラミド」など話題の美容成分が使用感の限界まで配合されています。
また12の無添加で、敏感肌の方も安心して使うことができるクレンジングです。

通常価格 3,500円(税別)
特別価格 2,900円 ※17%OFF
内容量 150ml/約1ヶ月分
その他特徴 ・W洗顔・・・必要
・ウォータープルーフタイプのメイク・・・落ちない
・マツエク・・・OK
送料無料
全額返金保証

クレンジング選びのポイント

クレンジングを選ぶポイントは大きく分けて3つがあります。

1 汚れがしっかり落ちる

メイクや汚れを落とす目的で使用するクレンジング。
一番大事なポイントは何と言っても「メイクや汚れをしっかり落とせる」ってことです。
メイクや皮脂などの汚れが毛穴に残ってしまうと、角栓ができ毛穴の黒ずみなどに繋がったり、肌トラブルの原因となってしまいます。
その為、クレンジングはしっかりメイクや皮脂などの油性の汚れがしっかり落とせるってことが重要になります。

2 お肌が乾燥しない

汚れをすっきり落としたい!
そう思うあまり、洗浄力の強すぎるクレンジングを使っていませんか?
洗浄力が強すぎるクレンジングは、汚れだけでなくお肌にとって必要な潤いまでも奪ってしまうことがあります。
適度に肌表面に皮脂を残し肌内部の水分の蒸発を防ぎ、肌のバリア機能を低下させないということが大事です。

3 肌悩みをケアできる

クレンジングには、様々な肌悩みをケアできる商品がいっぱい。
代表的なものが毛穴ケアができるクレンジング。
頑固な毛穴汚れをしっかり落とし毛穴をキュッと引き締めて、毛穴レス肌を目指します。

また、くすみケアができるもの、アロマの香りでリラックス効果があるものなどいろんなタイプのものがありますので、お悩みに合わせたアイテムを選ぶと良いでしょう。

クレンジングと洗顔料の違い

クレンジングのパッケージを見てみると、「ダブル洗顔不要」と書いてあったりしますよね。
ダブル洗顔とは、「クレンジング」と「洗顔」の両方をするということなのですが、そもそも、クレンジングと洗顔ってどういう目的で行うんでしょうか?

まず、クレンジングとは「メイクを落とす」ことが目的です。
ファンデーションやアイメイク、口紅などのメークアップ料は、汗や水などで簡単に落ちてしまわないように、油性成分が多く入っています。
この油性の成分は、水で落ちにくい処方なので、当然水で洗い流すだけでは落ちることはありません。
そこで、この落ちにくい油性の汚れである「メーク」を油分で浮かせて、界面活性剤で浮いた汚れと水分を乳化させ流すというアイテムがクレンジングです。

濃いメークやウォータープループタイプのメークなど落ちにくいメークを落とすためには、洗浄力の強いクレンジング剤が必要なのですが、この強いクレンジング剤には界面活性剤が大量に入っていることがあります。
界面活性剤は、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強く肌トラブルを引き起こすことがありますので、注意が必要です。

クレンジングって?

メークなどの油性の汚れを落とす!ただし、洗浄力が強すぎるクレンジングは乾燥などのトラブルとなることがあるので注意

では、洗顔はどんな目的があるのでしょうか?
洗顔は、汗やほこり、顔に残った乳化したクレンジングなどを洗い流すことが目的です。
油性の汚れを落とすクレンジングに対して、洗顔料は主に水性の汚れを落とします。
時々、メイクをしているのに洗顔料だけで済ませている方がいらっしゃいますが、油性の汚れは洗顔料では落ちませんので、クレンジングを使った後に洗顔料で洗い流すという2ステップ(ダブル洗顔)が必要になります。

洗顔って?

汗やほこりなど水性の汚れを落とす!油性の汚れであるメークは洗顔料では落ちないので注意

クレンジングの種類

クレンジングには様々な種類のアイテムがあります。
種類によって、メイクの落ちやすさやお肌への刺激などが異なりますので、自分の肌タイプや使用感など好みによって選びましょう。

オイルクレンジング

オイルタイプのクレンジング剤。
濃いメイクや皮脂が酸化して油汚れになったものまで、良く落ちるのが最大の特徴です。
メイクや汚れが良く落ちる理由は、界面活性剤が多く含まれているため。
メイク落ちがいい反面、肌に必要な皮脂や天然保湿成分までも奪い取ってしまうので、肌の乾燥を招きやすく、敏感肌だと肌トラブルが起こりやすいことがデメリットです。

リキッドクレンジング

リキッドクレンジングはオイルクレンジングに次いで、洗浄力が高いのが特徴です。
一般的に水分をベースに作られており、水にも油にもなじみやすいように作られています。
洗浄力は強いものの水分がベースなので、マツエクをしている方も使うことができます。
ただし、界面活性剤の量はオイルクレンジングと変わらないので、お肌への負担が大きいものが多いのがデメリットです。

クレンジングゲル

クレンジングゲルは、洗浄力や肌への優しさなどちょうど中間に位置するタイプのクレンジング。 水性タイプ、油性タイプの2種類があります。
水性タイプは肌への負担は少ないものこメイク落ちがあまり良くないので、ナチュラルメイクの方にオススメ。オイルフリーなので、マツエクをしている方にもオススメです。
油性タイプはメイクとの馴染みが良く、メイク落ちがいいのが特徴です。濃いメイクやウォータープルーフタイプのメイクも落とすことができます。

クレンジングバーム

クレンジングバームとは半固形状のクレンジング。
オイルクレンジングとクリームクレンジングのメリットを併せもったようなクレンジングで、ウォータープルーフタイプのマスカラやジェルライナーなど落ちにくいメイクもしっかりと落としながら、洗い上がりはしっとりと潤うのが特徴です。
肌に乗せるまでは固形なのですが、肌に乗せるとバターのように体温でとろける新感触のクレンジングです。

クリームクレンジング

油分が多めで肌への負担が少ないのがクリームクレンジングです。
オイルクレンジングと比較して、界面活性剤の量が少なく、肌への負担が少ないのが特徴です。
テクスチャーが硬めで滑りがよく、うるおいを残しながら洗えるため、乾燥肌の方にピッタリ。
オイルクレンジングと比べて洗浄力が弱めなのと、油分が多いのでべたつきが気に場合があるのがデメリットです。

ミルククレンジング

ミルククレンジングは、肌に優しく乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使えるのが最大のメリット。
クレンジングの中でも、1番肌への負担がすくないと言われています。
反面、洗浄力が弱いので、濃いメイクやウォータープルーフタイプのメイクは落ちにくくなっています。
アイメイクなどはポイントメイク用のリムーバーを使うようにしましょう。

ポイントメイクリムーバー

汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプのマスカラやアイライナー。落ちにくい反面、落としにくいこれらのメイクをするっと簡単に落とすことができるのがポイントメイクリムーバーです。
使っているポイントメイクアイテムと同じブランドのポイントメイクリムーバーを使うと、よりスッキリ優しくメイクを落とすことができます。
落ちにくいアイメイクはポイントメイクリムーバーで落として、お顔全体は肌に優しいクレンジング剤を使うと肌に負担がかからずにオススメです。

ダブル洗顔不要のクレンジング

クレンジングはメイクなど油性の汚れを落とすもの。洗顔料は水性の汚れを落とすものとその役割は異なっています。
しかしダブル洗顔は2回顔を洗うので、肌への負担があって乾燥しやすいという意見もあります。
ダブル洗顔不要のクレンジングは、クレンジングで油性の汚れと一緒に水性の汚れも一度で落としてしまうというもの。
スキンケアにかかる時間を減らすことができ、肌への負担を少なくできるというのが特徴です。

肌タイプ別オススメのクレンジング

乾燥肌・敏感肌の方

乾燥肌の方は、クレンジングと一緒にお肌にとって必要な潤いまでも落としてしまいがち。
洗浄力が高ければ高いほど乾燥しやすくなるので、保湿力の高い「クリームクレンジング」や「ミルククレンジング」、「クレンジングバーム」がオススメです。
ミルククレンジングなどは、洗浄力が低めなので濃いメイクは落ちない可能性があります。
そんな時は、ポイントメイクリムーバーなどを併用するのがオススメです。
また、これら3つの中ではクレンジングバームは肌に優しくメイク落ちがいいので、落ちにくいメークをしている方は「クレンジングバーム」を選びましょう。

脂性肌の方

脂性肌の人は皮脂腺の働きが活発です。
皮脂が気になるからといって、洗浄力の強すぎるクレンジングを使用すると、肌内部は乾燥しさらに皮脂を分泌させてしまう可能性があります。
過剰な皮脂を落としながら、肌にとって必要な皮脂は残すというクレンジングを選ぶようにしましょう。
オイルクレンジングを使う場合には、古い皮脂を取り除きながらも潤いは残すタイプのもの、こすらずに素早く落とすことができるものを選びましょう。
インナードライ肌で乾燥が気になる方は、「水性のクレンジングゲル」「クリームクレンジング」や「ミルククレンジング」がオススメです。

マツエクをしている方

マツエクをしている時のクレンジング選びで一番重要なのが「オイルフリー」のクレンジングを選ぶっていうこと。
まつげにエクステを接着する時に使用する「グルー」は油分にとても弱いと言う性質を持っていますので、オイルが含まれているクレンジングを使うとマツエクがポロポロとれてしまう可能性があります。
また、擦ったり触ることでマツエクは取れやすくなりますので、極力まつげに触れないようにするっと落ちるタイプのクレンジングを選びましょう。

まとめ

クレンジングはただ汚れを落とすためのものではありません。
汚れは落とすけれど、肌にとって必要な潤いは落とさない。
さらに、毛穴やくすみ、お肌のエイジングなど気になる肌悩みまでをケアできる、スペシャルケアとも言えるほどの重要なアイテムなんです。
自分の肌タイプとお悩みに合わせたクレンジングを選んで、ビューティレベルを底上げしていきましょうね!

Pocket

PICK UP 〜商品レビュー〜実際に使ってみました!